顔の輪郭を細くするための方法とは

顔の輪郭は、すっきりとしていると、体全体がすっきりとした印象になるものです。
ごつごつと骨が出ていたり、脂肪がついている状態だと、スタイルの良い人であっても、相手に与える印象は、フェイスラインによって左右されてしまいます。
すっきりとしたフェイスラインにするためには、ダイエットやマッサージだけでなく、美容整形手術が必要となることもあります。
フェイスラインの形成には、脂肪やむくみだけでなく、顔の骨格にも要因があります。
特に、エラやあごの骨が出ていたり、長さが長い場合には、ダイエットなどでは効果を出すことが出来ないこともあります。
骨格に問題がある場合には、ダイエットをすると、よりごつごつと骨ばった印象になってしまうことも多く、美容整形手術が必要となる可能性があります。

美容整形手術による輪郭形成とは

美容整形手術によって、フェイスラインを細くすることが出来ます。
特に、顔の骨格によってフェイスラインがすっきりとしていない人に向いている方法です。
エラやあごの骨が、ごつごつと出てしまっている場合には、骨削りの手術が必要となります。
皮膚を切開して、余分な部分の骨を切除することによって、すっきりとしたフェイスラインを作っていきます。
バランスを見ながら、手術を正確に進めていく必要があるので、高い技術力が必要となります。
骨を削る美容整形手術の場合、手術後の腫れや内出血が目立ってしまうことが多いので、手術後のダウンタイムはしっかりと確保したほうが良いでしょう。
痛みも強く出ることが多いので、医師と相談して、鎮痛剤などを上手に利用してダウンタイムを乗り切りましょう。

輪郭を細くする手術の注意したい点

フェイスラインの形成手術において、注意したい点は、医師の技術力が高いかという点です。
フェイスラインを細くする手術の中でも、骨を削る手術を行う場合には、高度な技術力が必要となります。
皮膚の切開を行い、左右のバランスを見ながら最適な量の骨を切除していくので、しっかりとバランスを見ながら行う必要があります。
未熟な医師の場合、仕上がりの状態に左右差が出てしまったり、傷跡が残ってしまったり、皮膚に凹凸が出来てしまうなどのリスクがあります。
失敗してしまった場合に修正が出来ないこともあるので、医師選びを慎重に行うことは大切です。
手術費用が異常に安い場合や、カウンセリングをしっかりと行ってくれないという場合には、未熟な医師による手術の場合もあるので、十分に注意しましょう。

Lefort-1は正確な計測で手術を行います。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 数々の美容外科での勤務実績。 実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 Vライン輪郭手術で美しい下あごを形成できます。 2割から最大5割引き。 輪郭を細くしたいなら